「なんでも相談できる」弁護士を目指して。

2015.08.03更新

 相続関係のご相談で最近多いのが遺留分に関するご相談です。

遺留分とは、被相続人の遺言によっても侵害しえない、兄弟姉妹以外の相続人が有する権利です(民法1028条)。相続権は兄弟姉妹にも権利が生じることがありますが(民法889条2項)、遺留分は兄弟姉妹にはありません。

 例えば、遺言書で長男だけにすべての財産を相続させるような遺言がされたような場合、他の相続人は自分の遺留分が侵害されたとしてその減殺請求というものができることになります。そして、遺留分の減殺請求がされれば、遺言で認められた一部の財産の返還や価額賠償などが行われることになります。その際に返還する物や価額の算定を巡って意見が合わな場合、ここで事実上の相続争いのようなことが起きるわけです。したがって、遺言書を作っておけば相続争いを防止できるということはなく、遺言書をきっかけとして相続争いが勃発することもあるわけであり、遺言書を作る際にはこのような遺留分のことも念頭においておく必要があります。

 

投稿者: 弁護士 内藤貴昭

メールでのお問い合わせはこちら
bnr_smt02.png
メールでのお問い合わせ 弁護士
コラム Q&A 実際の解決事例