「なんでも相談できる」弁護士を目指して。

2016.11.15更新

 顧問先の美容クリニックにおいて何人かのお客さんについて料金の未払いがあったため、料金の回収方法について相談を受けました。

 相談後、私はすぐに内容証明による請求を行いましたが、それでも連絡のない方に対しては支払督促を申立てました。支払督促は手続きも迅速で、訴訟費用も安く抑えられることから、ケースによっては有効な手続きです。そして、支払督促が出されても連絡のない方に対しては強制執行を申立てました。

 その結果、それまで連絡もなかった方全員と交渉を行うことができ、分割払いでの合意と料金の回収を図ることができました。

 

投稿者: 弁護士 内藤貴昭

メールでのお問い合わせはこちら
bnr_smt02.png
メールでのお問い合わせ 弁護士
コラム Q&A 実際の解決事例