「なんでも相談できる」弁護士を目指して。

2016.11.15更新

 依頼者である妻は、夫から離婚の申し立てを受けていましたが、実は夫には愛人がいて、そのために離婚をしたがっていることを妻は疑っていました。妻は既に夫から心が離れていたために離婚には同意していましたが、夫の不倫関係を証明することで有利な条件で離婚することを望んでいました。

  そこで探偵事務所に依頼したところ、夫の不倫の証拠を取得することに成功しました。そこで、夫に対して不倫相手に対する妻からの損害賠償請求を予告したうえで、離婚条件の協議を行ったところ、夫は不倫相手との結婚を急いでいたこともあり、こちらの要求する慰謝料をほぼ認めて離婚が成立しました。

 

投稿者: 弁護士 内藤貴昭

メールでのお問い合わせはこちら
bnr_smt02.png
メールでのお問い合わせ 弁護士
コラム Q&A 実際の解決事例