「なんでも相談できる」弁護士を目指して。

交通事故

よくあるご相談

事故後、パニックになって何をしていいか分からない

示談で提示された金額に不満がある

保険会社から治療費の支払い中止を申し渡された

弁護士に依頼するメリット

1 事故直後に注意すべき点から、示談の交渉や後遺症の認定まで、一貫してサポートいたします

2 必要に応じて保険会社との間で損害賠償金額の交渉を行い、依頼者の利益を守ります

3 過去の事例と照らし合わせ、不当な条件を押しつけられないよう、的確な助言をいたします

解決のポイント

損害額の算定基準は、保険会社と弁護士が参照する基準とでは、異なる場合があることをご存じでしょうか。保険会社も利益を求める団体であり、そこでは当然ながら企業の理論が優先されるのです。弁護士は、そういった企業の理論に関係なく、被害者である依頼者の意向を元に適切な補償がなされているかを基準としています。

したがって、弁護士の基準の方が高額になることも少なくありません。保険会社から提示された金額に納得の行かない場合、不利益を被らないよう、内容をチェックさせてください。法律の知識だけでなく、担当医からの医学的な知見を踏まえた上で、適切な金額をご提示します。

また、事故直後は気が動転していると思いますが、安全に気をつけた上で、できるだけ多くの写真を撮るようにしてください。後日、修理工場から出された見積もりに対し、それが妥当であるかの判断材料になります。車体の損傷具合や現場の状況など、1枚でも多いことに越したことはありません。

示談交渉・訴訟について

示談交渉では、期間・費用・見込みなどをご説明し、あらかじめ見通しを立ててから着手します。主張すべきは主張し、やり残し感が残らないような解決に努めます。

訴訟の場合は、過失割合や事実関係、損害賠償額について争われることが多くなります。保険会社は数多くの事例を一律に扱うため、必ずしも固有の事情をくみ取りきれない側面があります。こうした企業の理屈による不利益を、私たち弁護士が是正します。

後遺障害等級について

等級認定は、それを扱う専門の機関が独自に判断しますので、提出する書類が結果を大きく左右するといえるでしょう。弁護士なら、被害者側に立ち、利益を最大化するためのお手伝いが可能です。

難しいのは、あらかじめ抱えていた既往症などが、事故で悪化したようなケースです。医師に診断書を書いてもらうときには、症状の説明だけではなく、事故との因果関係が立証できるような内容を依頼するようにしましょう。

メールでのお問い合わせはこちら
bnr_smt02.png
メールでのお問い合わせ 弁護士
コラム Q&A 実際の解決事例