「なんでも相談できる」弁護士を目指して。

相続

よくあるご相談

遺産のうち、自分の取得できる分が分からない

遺言に書かれている内容が本当に有効なのか確認したい

分割について相続間で協議したが、話がまとまらない

弁護士に依頼するメリット

1 相続の進め方が分からない方へ、一通りの流れを的確にご説明いたします

2 遺言の内容について、トラブルを最小限に防ぐようなアドバイスをいたします

3 遺産目録の作成や、交流のない親族との交渉を、当事者に代わって行います

相続発生前の対策・対応

後のもめ事を防ぐためにも、自分の希望が形に残せる遺言書の作成をお勧めします。遺言書がない場合、法定相続人のすべてを探し出し、相続の発生を通知する必要があるでしょう。また、遺産分割の内容についても、すべての相続人から同意を取り付けなくてはなりません。

遺言書があれば、これらの煩わしい手続きは、一切不要です。財産を残したい相手を、任意に選ぶこともできます。ただし、相続人に認められた遺産に関する最低限の権利である「遺留分」が定められているため、遺留分をを請求された場合、遺言通りの内容を実現することができない可能性があります。

最近では、自分の意識がはっきりしているうちに老後の財産の管理を他の人に委ねる「任意後見契約」のご相談が増えてきています。任意後見人は特別な資格などを必要とせず、信頼の置ける人を任命することが可能です。また、裁判所が適正に後見業務が執行されているかどうかを定期的にチェックしますので、安心して任せることができるでしょう。

相続発生後の対策・対応

相続人間で意見がまとまらない場合は、弁護士が遺産分割協議書の作成に向けて、分割協議を進めます。遺産分割の合意がなされたら、これを遺産分割協議書にまとめます。

生前贈与や特別受益が行われた相続人に対しては、遺産額の調整を行う場合があります。ただし、入学金のような金銭授与は扶養に含まれることがあり、線引きが難しいのが現状です。詳しくは、弁護士にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら
bnr_smt02.png
メールでのお問い合わせ 弁護士
コラム Q&A 実際の解決事例